スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
posted by まみちゃ
[スポンサー広告]


ゲド戦記
gedo


監督 宮崎吾朗

出演(声) 岡田准一 菅原文太 手嶌葵 田中裕子 小林薫 夏川結衣
   香川照之 倍賞美津子 風吹ジュン

総合評価 ★★★☆☆

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆

ストーリー

かつて人と竜はひとつだった。

アースシーでは、さまざまな異変が起こり始めていた。
聖なる生き物である竜が共食いを始め、家畜は疫病に倒れ
農民は田畑を捨て、職人は技を忘れていく。
街では人狩りによる人身売買が行われ、まがい物が売られ、麻薬が蔓延し
人々は忙しく動き回っているが生きる目的を失っているように見えた。
そして人々は、言葉から成り立つ魔法を信じることができなくなっていった。

世界の均衡を崩すものの正体をつきとめる旅に出た大賢人ゲドは
国を捨てた王子アレンと出会う…。

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆

コメント

世界三大ファンタジー小説の1つといわれる『ゲド戦記』のアニメ映画化。
宮崎駿監督のご子息、宮崎吾朗監督のデビュー作でもあります。

この作品・・レビューでの評判がすこぶる悪くて心配だったのですが
思っていたよりも悪くなくて私は普通に楽しめました。
本当はこの作品って宮崎駿監督が映画化にしたかったらしく
当初は猛反対したらしいですね。試写も1時間で席を立っただの
思っよりも良かったと言ったなど、色々な噂があります。
正直・・全体的に力不足じゃなかったかな?という感じは否めません。
登場人物一人一人にもあまり魅力がないですし、色々な事が説明不足です。
この『ゲド戦記』の原作は6巻まであるらしく、吾朗監督はこの6巻の内の
3巻目に共感して、それを映像化したようです。
だから全体的に目的がはっきりしないんですよね。
観終った後に残るものは、あのテルーの唄ぐらいでした(汗)
悪くはないんだけど何かが足りない!そんな感じです。
これが父と子の差なのでしょうか?次ぎに期待したいです。

最近のジブリって何だかテーマが重いですよね。
あのワクワクとする冒険がいっぱいだった初期の頃が懐かしい・・

この作品も『ハウル』のように何回も観なおせば心に響くのかしら?!








 more...

posted by まみちゃ
[アニメ]
c (6) t (0)
thema:ゲド戦記 - genre:映画
あらしのよるに
top


監督 杉井ギサブロー  原作 木村裕一

声の出演 中村獅童 成宮寛貴 竹内力 板東英二 山寺宏一 林家正蔵 KABA.ちゃん 
市原悦子 早見優 他

総合評価 ★★★★☆

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆

ストーリー

ともだちなのに、――おいしそう。

ある嵐の夜、仲間とはぐれたヤギのメイは、壊れた山小屋で雨風をしのいでいた。そこへ、同じように逃げてきた “仲間”と思しき一匹の動物がずぶ濡れで飛び込んでくる。真っ暗な小屋の中、互いに一人ぼっちで心細かった二匹は、話をするうちに仲良くなり、次の日に「あらしのよるに」を合い言葉に、再会を約束する。しかし、翌日、メイの前に現れたのは、オオカミのガブだった!本来なら決して仲良くなれない二匹だが、天真爛漫なメイは無邪気にガブを慕い、ちょっと気弱で優しいガブもそれを受け入れる。だが、平穏な日々は永遠には続かなかった。その友情がそれぞれの種族に知られるところとなったのだ。果たして、二匹の運命は?

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆

コメント

観た人それぞれに感じ方が違うだろうな・・と思う作品でした。
現実にはありえない友情物語ですが、ガブとメイのそれぞれの種族を敵にまわしても相手を思う強い気持ちや絆に次第に物語に引き込まれていました。
合言葉は『あらしのよるに』で再会したその言葉が最後のとても重要なものだったと言う事にとっても感動しました。でも矛盾するところもいっぱいあるんですよね・・ガブはメイを食べないけどメイ以外のヤギや他の動物は食べる訳で・・(汗)それって少し可笑しくないかい?と思ってしまうのは私が大人?だからなのかな(´Д`)
これから二匹は二匹だけで生きて行く事になるのだけど、やっぱりガブはお腹が空いたらメイを食べそうに?なるのかしら(-m-)あのガブの葛藤がとっても面白かったです。
声優人も頑張ってましたね。特にガブの声の中村獅童さん最高です!!もうガブが獅童なんだか獅童がガブなんだか声が決して前に出る事はなくガブのキャラクターそのままでした。竹内力さんもそのままだったけど(-m-)でもやっぱり山寺宏一さんの声が一番安心して聞けてたかな(笑)
メイの声はもう少し子供のような感じの方がキャラクターに合っていた気がしました。

一番初めのシーンでメイのお母さんがメイを狼から逃がすために犠牲になるのだから・・この二匹の友情を子供達はどう理解するのでしょうかね。。
まぁ、アニメなんだから堅いこと言ったらダメなのね?(笑)

私にとって今年最後の映画鑑賞作品がこの『あらしのよるに』で良かったです(^^*)

 more...

posted by まみちゃ
[アニメ]
c (3) t (3)
thema:今日観た映画 - genre:映画
ハウルの動く城
20041124233325.jpg


監督 宮崎駿

声の出演 倍賞千恵子  木村拓哉 美輪明宏 他

総合評価 ★★★

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆  

ストーリー

ダイアナ・ウィン・ジョーンズの著書「魔法使いハウルと火の悪魔」を基に、少女と魔法使いの恋をとおして、生きる楽しさや愛する歓びを描いた宮崎駿監督最新作。呪いをかけられ90歳の老婆の姿になってしまった18歳の少女ソフィーに倍賞千恵子、動く城の持ち主で魔法使いのハウルに木村拓哉、そしてソフィーに魔法をかける荒地の魔女に美輪明宏と豪華なキャストが声で参加。『千と千尋の神隠し』で「いつも何度でも」を歌い上げた木村弓の楽曲「世界の約束」を、映画主題歌として倍賞千恵子が歌う。☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:父親の帽子店で日々、帽子を作りつづけていた18歳のソフィーは、ある日、荒地の魔女に呪いをかけられ90歳の老婆になってしまった。ソフィーはハンサムだが弱虫な魔法使いハウルと出会い、奇妙な共同生活を始める。

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆  

コメント

ジブリ作品が好きな私にとっては素直に楽しめました。。でも見終わっていくつか謎が・・結局、呪いはとけたのだろか?ソフィーの顔が少女になったり老婆になったりするのを見ていて混乱してしまいました(汗)キャラクターは、それぞれとても合っていてジブリならではのコミカルさで笑える所もありました。。公開前から気になっていた木村拓哉さんの声もぜんぜん気にならなかったです。。名前を伏せていたら誰が演じているのか解からないのでは?(笑)背景には戦争がテーマ?になってる部分があるので今の世の中を案じているのかも・・でも後半の展開が早すぎるような・・前半がゆったりとした感じだったので・・。今回のキャラの中で一番好きなのは火の悪魔カルシファーかな♪
それと、どこでもドアみたいな扉も面白かったです(*^-^*)
余談@もしかしたら、もう一回観に行くかもしれないので謎の部分を良く観てこよう(笑)
posted by まみちゃ
[アニメ]
c (0) t (0)

ガンバと7匹のなかま 冒険者たち
20041124004806.gif


監督 出崎 統

声の出演 野沢雅子 内海賢二 富山 敬 他

総合評価 ★★★★★

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆  

ストーリー

海を一目見ようと港へやってきたネズミのガンバとボーボは、船乗りネズミのヨイショが主催するパーティに紛れ込んだ。そこに突然、傷だらけの姿で現れた小ネズミ・忠太。故郷の夢見ヶ島を、白イタチ・ノロイの支配から救ってほしいという彼の言葉に、勇敢なガンバは旅立ちを決意。ボーボ、ヨイショに加え、物知りのガクシャ、医者で酒飲みのシジン、クールなイカサマの計7人の仲間は、シッポを立てて、冒険の海へ出発した。

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆  

コメント

1975年に日本テレビ系で放送されたアニメの総集編として映画化されたものです。このアニメ・・覚えてる人いますか?当時、小学校低学年だった私は夢中で見ていました。高校生の頃に再放送されて懐かしさのあまり、この関連の雑誌まで買ったほどでした(汗)私の中のアニメ順位の中でもダントツ1、2位を争うくらいの作品です!そのアニメが近くの総合センターで上映されると聞いて見に行かないわけがな~~い!!(笑)ガンバと仲間達のつながりと結束に胸が熱くなったり、白いイタチ・・のろいの残虐さや恐怖が蘇って来て、ワクワクしたりハラハラしたり・・まるで当時リアルタイムで見ていた小学生の気持ちになりました(笑)この作品・・オープンニングとエンディングの挿入歌も良いんだよね~~♪やっぱり昔のアニメの方が絶対に面白いのだ!!
posted by まみちゃ
[アニメ]


  HOME  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。