スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
posted by まみちゃ
[スポンサー広告]


ディア・ドクター
dear

監督 西川美和

出演 笑福亭鶴瓶 瑛太 余貴美子 井川遥 松重豊 岩松了 
    笹野高史 中村勘三郎 香川照之 八千草薫 他

総合評価(オススメ度) ★★★★☆

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆

ストーリー

その嘘は、罪ですか。

山あいの小さな村から一人の医師が失踪した。
警察がやってきて捜査が始まるが、驚いたことに村人は、自分たちが唯一の医師として慕ってきた
その男についてはっきりした素性を何一つ知らなかった。
やがて経歴はおろか出身地さえ曖昧なその医師、伊野の不可解な行動が浮かび上がってくる──。遡ること2か月。東京の医大を卒業した相馬は、研修医としてその村に赴任してきた。
コンビニ一つなく、住民の半分は高齢者という過疎の地。
そこで相馬は、伊野という腰の据わった勤務医と出会う。
村でただ一人の医者として、彼はすべてを一手に引き受けていた。
ある日、かづ子という一人暮らしの未亡人が倒れた。
彼女は、自分の体がもう大分良くないことに気づいている。
「先生、一緒に嘘、ついてくださいよ」。
やがて伊野がかづ子の嘘を引き受けた時、伊野自身がひた隠しにしてきた
ある嘘も浮かび上がってくる。
ずっと言うことができずにいた一つの嘘が…。

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆

コメント

まさにハマリ役でした(^m^*)
鶴瓶さん以外には考えられないですね(笑)

フィクションなのにドキュメンタリーのような?
とってもリアル感があって面白かったです♪

でも、この嘘は‥やっぱり罪になるんですよね?(^^;)

嘘によって救われる事だってあります。
だって病は気からって言うでしょ?(笑)

ラストシーンは、ありがちな展開だけど好きです♪
その後~。。どうなったのか気になる気になる!

脇を固める他の俳優さん達も個性的で良かったです。
自然溢れる風景の中で、鶴瓶さんの自然体の演技が
とっても光っている作品でした(*^^*)

 more...

posted by まみちゃ
[邦画]

thema:映画感想 - genre:映画
MW -ムウ-
mw
PG-12

監督 岩本仁志      原作 手塚治虫

出演 玉木宏 山田孝之 山本裕典 山下リオ 風間トオル 
    デヴィッド・スターズィック 鶴見辰吾 中村育二 
    半海一晃 品川徹 石田ゆり子 石橋凌 他

総合評価(オススメ度) ★★★★☆

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆

ストーリー

世界を変えるのは、
破滅か。 祈りか。

16年前、とある島で、島民全員が大虐殺されるという事件が発生。
その事実は政府によって闇に葬られたが、奇跡的に逃げ延びた2人の少年は
それぞれの宿命を背負って大人になる。
一人は頭脳明晰なエリート銀行員という仮面を被り、凶悪犯罪を重ねる悪魔、結城美智雄。
もう一人は、敬虔な神父となった賀来裕太郎。
彼は結城の犯行を阻もうとしながらも毎回翻弄され、激しく苦悩する。
そして結城はついに、16年前の事件のキーワードである「MW」にたどり着く。
そしてこの「MW」を使い、全人類を道連れに世界を滅ぼそうとするのだった…。

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆

コメント

ダークな世界にどっぷりと浸ってきました。
凄く面白かったです(*^□^*)
最後まで何が起こるか分からない展開にドキドキでした!

これが本当に手塚治虫作品なの?と思うぐらいに
内容はダークで黒い闇に覆われていました。

人間の心を捨てモンスターとなってしまった結城‥。

でも、彼の心をそんな風に変えてしまったのは
社会であり、国家であり、『ムウ』であった事にやり切れなさを感じました。

いったい彼は何処に向かって行くのでしょう‥。
進む道に未来はないと言うのに。

ラストは、まだ物語は続いていると思わせるような感じでした。

 more...

posted by まみちゃ
[邦画]

thema:映画感想 - genre:映画
劔岳 点の記
turugidake

監督 木村大作

出演 浅野忠信 香川照之 松田龍平 
    宮あおい 仲村トオル 役所広司 他

総合評価(オススメ度) ★★★★☆

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆

ストーリー

誰かが行かねば、道はできない。

陸軍陸地測量部の柴崎芳太郎は、日本地図最後の空白地点を埋めるため
「陸軍の威信にかけて劔岳の初登頂と測量を果たせ」という命令を受ける。
富山に向かった柴崎は、案内人の宇治長次郎と劔岳の調査に入るが
謎めいた行者の言葉以外、登頂への手掛かりすら掴めずに下山する。
翌明治40年。測量隊総勢7人で劔岳周辺に三角点を設置していき、ついに劔岳に臨む。
しかしガレキだらけの尾根、雪崩や暴風雨に続く困難に次ぐ困難が、測量隊の行く手を阻む。
命をさらしてまで、測量する意味はあるのかという迷いも7人の胸中によぎる。
一方、創立間もない日本山岳会も、小島烏水らが最新の登山道具を揃え
劔岳山頂を目指していた。
今一度仲間としての結束を訴える柴崎。
果たして、柴崎たちは、無事劔岳山頂に立ち、地図作りの任務を果たすことができるのか。

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆

コメント

大自然の迫力に圧倒されました。

自然の美しさは厳しさから成り立っている事を実感しました。

とにかく風景。。映像がすばらしいです。
過酷な条件の中にも、時折見える雲海からの夕日や紅葉する木々
雷鳥やカモシカなどの動物達に心が和みました(´ー`*)

誰かが行かなければ、やらなければ道はできない!
劔岳に点を置いた仲間達に拍手を送りたいです。

今はCGを多用する作品がほとんどの中
この作品は映画の原点を観た気がしました。

 more...

posted by まみちゃ
[邦画]

thema:映画感想 - genre:映画
余命1ヶ月の花嫁
hanayome

監督 廣木隆一

出演  榮倉奈々 瑛太 手塚理美 安田美沙子
    大杉漣 津田寛治 田口トモロヲ 柄本明 他

総合評価(オススメ度) ★★★★☆

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆

ストーリー

生きること。
愛すること。
命のメッセージを伝えるために。

イベントコンパニオンの千恵は、ある展示会場で知り合った太郎から交際を申し込まれる。
乳がんと診断されていた千恵は悩みながらも交際をスタートさせるが、
数ヶ月後、自分の病気のこと、そして胸を切除しなければならないことを告白。
太郎に別れを告げたまま、姿を消してしまう。
そんな千恵を追って、屋久島へたどり着いた太郎は
「俺は変わらない。一緒に頑張ろう」と伝える。
その言葉に動かされ、千恵は再び太郎と生きていくことを決意する。
しかし、幸せな二人に辛い知らせが届く。千恵のがんが再発してしまう。
激しい痛みと闘いながら治ると信じて千恵が治療に励む中
献身的に看病する太郎、千恵の父・貞士、千恵の叔母・加代子に
千恵の余命があと1ヶ月であると告げられる…。

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆

コメント

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆

みなさんに

明日が来ることは奇跡です。

それを知ってるだけで

日常は幸せなことだらけで

溢れてます。

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆

主人公の長島千恵さんが残した言葉です。
その言葉がこの作品のすべてだと思いました。

生きること、愛すること、命の大切さを教えられました。
もっともっと愛する人のそばにいたかっただろうなと思うと涙がこぼれました。
誰かの人生に関わる事は、自分が何の為に生まれてきて
この世に存在している事への意味になると思うから。

優しさと愛がいっぱいいっぱい詰まった素敵な作品です。
ぜひ観てくださいね(*´∇`)

今週、16日の土曜日にドキュメンタリー番組が再放送されます。

 more...

posted by まみちゃ
[邦画]

thema:映画感想 - genre:映画
GOEMON
goemon

監督 紀里谷和明

出演 江口洋介 大沢たかお 広末涼子 ゴリ(ガレッジセール) 要潤 
    玉山鉄二 チェ・ホンマン 佐藤江梨子 戸田恵梨香 鶴田真由 
    りょう 藤澤恵麻 佐田真由美 深澤嵐 福田麻由子 広田亮平 
    田辺季正 佐藤健 蛭子能収 六平直政 小日向文世 
    中村橋之助 寺島進 平幹二朗 伊武雅刀 奥田瑛二 

総合評価(オススメ度) ★★★★☆

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆

ストーリー

愛する者のために。

信長、秀吉、家康。
その天下統一の影で、ただ一人民衆のために戦い続けた男
――彼の名前は石川五右衛門。
金持ちから盗み、貧しき者に分け与え、乱世を自由気ままに生きた伝説の大泥棒。
ある夜、彼が盗み出した南蛮製の不思議な箱。
そこには、やがて彼の運命を、そして歴史を大きく変えていく
信長暗殺の裏の真相が隠されていた…。

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆

コメント

独特な世界観を楽しんできました(^ー^* )
愛の為、自由の為、世の中の為、それぞれが自分を信じて戦う姿に感動しました。

出演者までもが、すべてCGではないかと思えるほど
とにかく映像が素晴らしいです。
一回観るだけでは、もったいない感じ(笑)

物語の舞台は400年以上も前の日本だけど
まるで異次元空間に迷い込んだと錯覚するほどのきらびやかさ。

時代の新しい解釈も、もしかしたらそうなのかも?と斬新で面白かったです。
(釜ゆでになったのは?本当は‥などなど)
それぞれのキャラクターどれもが素晴らしく魅力的でした♪

さぁ~あなたも紀里谷ワールドにどっぶりつかってみませんか?

 more...

posted by まみちゃ
[邦画]

thema:映画感想 - genre:映画
  HOME  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。