スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
posted by まみちゃ
[スポンサー広告]


愛を読むひと
aiyomu

監督 スティーヴン・ダルドリー     PG‐12

出演 ケイト・ウィンスレット レイフ・ファインズ ブルーノ・ガンツ 
    デヴィッド・クロス レナ・オリン アレクサンドラ・マリア・ララ 他

総合評価(オススメ度) ★★★★☆

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆

ストーリー

愛は、本に託された

1958年、大戦後のドイツ。15歳のマイケルは、年上の女性ハンナと激しい恋におちた。
ハンナはマイケルに本の朗読を頼み、いつしかそれが二人の愛の儀式となる。
しかし突然、ハンナは姿を消してしまう。8年後、衝撃の再会が待っていた。
法学生のマイケルが傍聴した裁判で見たのは、戦時中の罪に問われるハンナだった。
彼女は“ある秘密”を守るために、不当な証言を受け入れて無期懲役となる。
かつて愛した人の忌まわしい過去と、自分だけが知る彼女の“秘密”―――衝撃と
それでも消えない愛に引き裂かれるマイケルは、ある選択を下す。
裁判から10年、マイケルは刑に服すハンナの朗読者になることを決意していた…。
彼はなぜ、ハンナへの愛を本に託すことしかできないのか?
自由を犠牲にしてまでも、ハンナが守る“秘密”とは?

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆

コメント

素敵な作品でした(´ー`*)

無償の愛は永遠に続くものだと思いました。

彼の彼女を見つめる目がとても優しく
とても儚く、とても切なかったです。

彼女はどうして最後に、あのような選択をしたのだろう‥。
自分と出会った事で、彼の人生を変えてしまったと思ったのかな。

私は、例えそれがどんな結果であろうと
彼は彼女から多くの事を学んだと思いたいです。
出会いには必ず意味があると思うから。

本の朗読と言う形で何十年も一つに繋がっていた
永遠の愛に胸が熱くなりました。

人は言葉を語る事で自分の物語が始まるのです。


☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆

オフィシャルサイト 愛を読むひと
スポンサーサイト
posted by まみちゃ
[洋画]

thema:映画感想 - genre:映画
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。