スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
posted by まみちゃ
[スポンサー広告]


単騎、千里を走る。
senri


監督 チャン・イーモウ (日本編)降旗康男

出演 高倉健 リー・ジャーミン ジャン・ウェン チュー・リン 
ヤン・ジェンボー 寺島しのぶ 中井貴一(声)

総合評価 ★★★★☆

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆

ストーリー

まごころが世界を変える

高田剛一は、余命いくばくもない民俗学者の息子の代わりに、京劇「千里走単騎」を撮影しに、中国の奥地・麗江市を訪れる。この旅は、高田にとって、永年の確執によって生じた親子の、埋めることの出来ない心の溝を埋めるための旅でもあった。しかし、高田は、経済発展とは無縁の、雅やかな美しい麗江の街並みや大自然、素朴で誠実な住人たちとの出会いや人々の心情に触れることによって、自分の行き場のない想いが少しづつ癒されていくのに気づきはじめるのであった…。

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆

コメント

私は観ようかどうしようか悩んでいたのですが
母親が観たいと言ったので一緒について観に行ってきたのですが
本当について行って良かったなと思える作品でした。
TVなどで公開される前に、この作品の撮影風景や
高倉健さんの俳優生活50周年の特別番組などが放送されていたので
特にアジア映画(中国)と言う違和感もなく観る事が出来ました。
実は私、高倉健さん作品を劇場で観るのはこれが初めてなんです(汗)
この作品はまるで健さんそのもののような感じの役でした。
台詞も多くを語らず、そこに健さんが佇んでいる、泣いている、
それだけで中国の素朴な風景に溶け込んでとっても絵になるんです。
人との付き合いが苦手な主人公が言葉の壁を乗り越え人々との交流によって
次第に自分を見つけて行く所がとっても心に響きました。
人はやっぱり一人では生きていけないんですよね。

全体的にゆっくりとストーリーが進んで行くのですが
何ヶ所かクスクスと笑える場面もあって心が和みました。
ヤンヤン本当に○んちをするとはっ!(謎)少しビックリ( ̄m ̄*)
欲を言えばもう少し仮面劇をじっくりと見たかったです!

最後に・・この作品には悪い人は一人も出て来ません。
TVで放送された撮影風景の中で『高倉健さんと共演してどうでしたか?』
と聞いている中で通訳役の人が言った言葉が今も心に残っています。
『日本には(日本人は)高倉健さんのような人がたくさんいるのですよね』

この作品が日本と中国との友好の架け橋になってくれる事を願って止みません。










2

ね?絵になるでしょ。(*´ー`)
ん?小さくてわからない? そんな時はぜひ劇場でご覧下さい(笑)

それにしても健さんって俳優生活50周年なんですね(・o・)
健さんのイメージは『不器用ですから』(笑)だけど
作品の中で携帯やデジカメやビデオカメラなどを扱っていると
それだけで、おお!!と思ってしまった私です(笑)
(って、そういう意味の不器用じゃないからっ!笑)

3

ヤンヤンを抱きしめながら色んな想いも抱きしめている・・
この二人の場面にはうるうるしちゃいました(;_;)
あの笛は何の笛なのでしょう?とっても良い感じの音でした。

中井貴一さんは声だけの出演でしたが、とても存在感がありました。

オフィシャルサイト
スポンサーサイト
posted by まみちゃ
[Asian]
c (4) t (2)
thema:映画を見て、思ったこと - genre:映画
comment
健さんの本名
こんにちわ~!さわわです!!
なんか、どこかのブログさんのところで拝見しましたが健さんの本名と役柄の高田さんの名前が激似だったと思いますよ!なのでたぶん健さん自身のイメージがかなり強いのでは?と思います
さわわにも健さんの佇まい、とても印象的でしばしば泣かされました(苦笑)
最期になりましたがTBありがとうございました~★
2006/02/10 16:10 | | edit posted by さわわ
善い人ばかり
こんばんわ♪TB有難うごいました♪

自分も健さん映画をスクリーンで観るのはこの映画が初めてですね♪だから少し新鮮な感じで観れたのもあります。善い人達ばかりが登場する反面、バランスをとるように1人くらいちょっと憎たらしい人間が1人くらいいればな~・・・とも思ってしまった自分なのでした・・・(汗
2006/02/10 23:10 | | edit posted by メビウス
>さわわ様。
こんばんは^^コメントありがとうございました♪
健さんの本名は『小田剛一』です。似てますね。
この作品、健さんのドキュメンタリーと思ってしまうような感じでした^^
それにしても健さん・・・75歳にぜんぜん見えないわL(・o・)」

>メビウス様。
こんばんは^^コメントありがとうございました♪
私も健さん映画は初めてだったからとっても新鮮でした^^
憎たらしい人がいた方が善い人がもっと引き立つのにな~と思いました^^;
村長さん・・・あそこで(やんやんを父親に会わるなど)もっと反対しなきゃ!(笑)
2006/02/11 00:15 | | edit posted by まみちゃ
そうですね
たまに見ています。継続して日記凄いです。私も努力しないと・・・。ここのところ寒いので風邪などに気をつけて下さい。また拝見させて頂きます。
2008/11/10 10:37 | | edit posted by akio
comment posting














 

trackback URL
http://everything.blog2.fc2.com/tb.php/60-b391e52c
trackback
満足度★★★健さんがうつむくだけで泣けてくる・・現実にはありえないだろうと思う物語そう思えてしまうことが哀しいあらすじ長い間疎遠だった一人息子が重い病に侵されて
| だらだら映画・和日和 | 2006.02.10 15:59 |
【監督】チャン・イーモウ【出演】高倉健/リ・ジャーミン/ジャン・ウェン/チュー・リン/ヤン・ジェンボー/寺島しのぶ/中井貴一(声)【公開日】2006/1.28【製作】中国
| シネマをぶった斬りっ!! | 2006.02.10 23:06 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。