スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
posted by まみちゃ
[スポンサー広告]


ALWAYS 三丁目の夕日
always1


監督 山崎貴

出演 吉岡秀隆 堤真一 小雪 三浦友和 薬師丸ひろ子 もたいまさこ 他

総合評価 ★★★★☆

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆

ストーリー

携帯もパソコンもTVもなかったのに
どうしてあんなに楽しかったのだろう。

昭和33年、東京タワーが完成するこの年、夕日町三丁目では個性豊かな住民たちが暮らしていました。そんなある日、短気だが家族思いの父・則文と優しい母・トモエ、やんちゃな息子・一平が暮らす自動車修理工場・鈴木オートに、青森から六子が集団就職で上京してきました。一方、工場の向かいに住み、何かと則文と反発しあう駄菓子屋・茶川商店の店主茶川竜之介は、三流少年誌に小説を執筆しつつ細々と生活するしがない小説家。そんな彼が恋心を抱く一杯飲み屋のおかみ・ヒロミのところに、引き取り手のない少年が連れられてきました。ヒロミの店で酔っ払った茶川は、ひょんなことから彼の世話をすることになるのですが…。

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆

コメント

1400万の発行部数を誇る、西岸良平の傑作コミックが映画化されました。VFXを駆使して再現された昭和30年代の東京下町が舞台になっています。
ただ何気ない人々の日常が物語りになっているのに、どうしてこんなにも感動してしまうのでしょう?それはきっと私達が便利な世の中になるにつれ忘れてしまった『何か』を、この作品で思い出すのではないでしょうか。。私はギリギリ30年代生まれではありませんが、子供の頃はまだこのような下町風情は残っていました。(って言っても冷蔵庫&TV&洗濯機は生まれた時にはありましたからね(汗))オート三輪(トラック)も走っていましたし扇風機も同じものがあったし駄菓子屋さんもあったし・・とにかく見るもの見るものが懐かしくてその時代にタイムスリップしたかのような錯覚に嬉しくなりました♪(って、思いっきり歳がバレる・・(^^;)
それに昔の電化製品とか車って形がすごく可愛いですよね?もうあのボロボロのオート三輪が可愛くて可愛くて(笑)東京タワーが建設中なのが凄くリアルで物語が進んでいくとタワーもだんだんと出来あがって人々の夢が完成したみたいで良かったです。最後の夕日はもううっとりするぐらい綺麗でした。見えない指輪をはめるシーンと淳之介が戻って来たシーンにうるうるしちゃいました(;_;)出演者の方々もすごく豪華で全員が主役なのでは?と思うぐらい個性的で面白かったです。観終った後、心の中が温かく優しい気持ちになりました。
まだまだ邦画も捨てたもんじゃないですね!!笑いあり涙ありのお勧めの作品です(´ー`)
スタジオジブリがTVスポットCMを製作した事でも話題になっています。


いつの日も夕日は変わらずに空を赤く染める。。

always2

オフィシャルサイト

実は今回ポイントがたまって無料で観れたのでした(≧∇≦)ノ
スポンサーサイト
posted by まみちゃ
[邦画]

thema:3丁目の夕日 - genre:映画
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。