スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
posted by まみちゃ
[スポンサー広告]


皆既日食
楽しみにしていた皆既日食ですが

残念ながら雲で見えませんでした(~ヘ~;)

県内では所々で雲の間から見えた場所もあったみたいだけど‥。

46年ぶりの天体ショーを肉眼で見たかったです(>_<。)

次回は26年後です。

とりあえず近い所で来年の7月に

イースター島で見られるそうなので行ってみますか!(ォィ)

誰か私を連れてって~~♪\(^O^)/(笑)
スポンサーサイト
posted by まみちゃ
[sasayaki]


ごくせん THE MOVIE
yankumi

監督 佐藤東弥

出演 仲間由紀恵 亀梨和也 生瀬勝久 高木雄也 三浦春馬 
    石黒英雄 中間淳太 桐山照史 三浦翔平 玉森裕太 
    賀来賢人 入江甚儀 森崎ウィン 落合扶樹 内山信二 
    脇知弘 小栗旬 石垣佑磨 成宮寛貴 速水もこみち 
    小池徹平 小出恵介 沢村一樹 袴田吉彦 竹内力 
    金子賢 東幹久 江波杏子 宇津井健 他

総合評価(オススメ度) ★★★★☆

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆

ストーリー

ヤンクミは永遠に不滅です。

熱血教師・ヤンクミこと山口久美子も高校教師になって7年。
1年前から赴任している赤銅学院高校では、新しい3年D組の担任になっているが
生徒たちはまだ久美子に心を開いていない。
ある日、久美子の黒銀学院時代の教え子・小田切竜が
赤銅学院に教育実習生としてやって来た!
久美子は、竜が自分に憧れて教師を目指していると思い大感激。
しかし、竜は大学に入ってからもやりたいことが見つからず
なんとなく教育実習に参加しただけだという。
そんな竜だったが、久美子が昔と変わらず生徒たちに真っ直ぐぶつかっていく姿を見て
高校時代に感じた何かを思い出していた――

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆

コメント

ドラマ同様に面白かったです(^-^*)

これでヤンクミは見納めなんだと思うと残念ですが
期待を上回る内容にお疲れさまでしたと言いたいです。

猿渡教頭が校長になっていたり(笑)
歴代の卒業生達がそれぞれ出演していたりと
豪華過ぎる展開で大満足でした(^-^*)

でも、ごくせんのセリフってスクリーンの大画面で観ると
こそばゆい?(笑)ですね(^o^;)

おまえら!夕日に向かって走るぞ~!(笑)
ヤンクミは永久に不滅です\(^O^)/

 more...

posted by まみちゃ
[邦画]

thema:映画感想 - genre:映画
機種変更
N902is

機種変更しました(^-^*)

画像は前の携帯(4代目)です。
デコデコしてますね(笑)

新しい携帯はN-08Aのパフュームピンク♪

文字入力が今までのと違うところがあるから
慣れるまでに少しかかりそう(^o^;)
(ずっとNなのでN以外はよけいに使えない‥)

薄くて面面も大きくなって見やすいし綺麗☆
お気に入りです♪(*^^*)

N-08A
N-08A(5代目)
posted by まみちゃ
[ufufunofu]


ディア・ドクター
dear

監督 西川美和

出演 笑福亭鶴瓶 瑛太 余貴美子 井川遥 松重豊 岩松了 
    笹野高史 中村勘三郎 香川照之 八千草薫 他

総合評価(オススメ度) ★★★★☆

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆

ストーリー

その嘘は、罪ですか。

山あいの小さな村から一人の医師が失踪した。
警察がやってきて捜査が始まるが、驚いたことに村人は、自分たちが唯一の医師として慕ってきた
その男についてはっきりした素性を何一つ知らなかった。
やがて経歴はおろか出身地さえ曖昧なその医師、伊野の不可解な行動が浮かび上がってくる──。遡ること2か月。東京の医大を卒業した相馬は、研修医としてその村に赴任してきた。
コンビニ一つなく、住民の半分は高齢者という過疎の地。
そこで相馬は、伊野という腰の据わった勤務医と出会う。
村でただ一人の医者として、彼はすべてを一手に引き受けていた。
ある日、かづ子という一人暮らしの未亡人が倒れた。
彼女は、自分の体がもう大分良くないことに気づいている。
「先生、一緒に嘘、ついてくださいよ」。
やがて伊野がかづ子の嘘を引き受けた時、伊野自身がひた隠しにしてきた
ある嘘も浮かび上がってくる。
ずっと言うことができずにいた一つの嘘が…。

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆

コメント

まさにハマリ役でした(^m^*)
鶴瓶さん以外には考えられないですね(笑)

フィクションなのにドキュメンタリーのような?
とってもリアル感があって面白かったです♪

でも、この嘘は‥やっぱり罪になるんですよね?(^^;)

嘘によって救われる事だってあります。
だって病は気からって言うでしょ?(笑)

ラストシーンは、ありがちな展開だけど好きです♪
その後~。。どうなったのか気になる気になる!

脇を固める他の俳優さん達も個性的で良かったです。
自然溢れる風景の中で、鶴瓶さんの自然体の演技が
とっても光っている作品でした(*^^*)

 more...

posted by まみちゃ
[邦画]

thema:映画感想 - genre:映画
MW -ムウ-
mw
PG-12

監督 岩本仁志      原作 手塚治虫

出演 玉木宏 山田孝之 山本裕典 山下リオ 風間トオル 
    デヴィッド・スターズィック 鶴見辰吾 中村育二 
    半海一晃 品川徹 石田ゆり子 石橋凌 他

総合評価(オススメ度) ★★★★☆

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆

ストーリー

世界を変えるのは、
破滅か。 祈りか。

16年前、とある島で、島民全員が大虐殺されるという事件が発生。
その事実は政府によって闇に葬られたが、奇跡的に逃げ延びた2人の少年は
それぞれの宿命を背負って大人になる。
一人は頭脳明晰なエリート銀行員という仮面を被り、凶悪犯罪を重ねる悪魔、結城美智雄。
もう一人は、敬虔な神父となった賀来裕太郎。
彼は結城の犯行を阻もうとしながらも毎回翻弄され、激しく苦悩する。
そして結城はついに、16年前の事件のキーワードである「MW」にたどり着く。
そしてこの「MW」を使い、全人類を道連れに世界を滅ぼそうとするのだった…。

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆

コメント

ダークな世界にどっぷりと浸ってきました。
凄く面白かったです(*^□^*)
最後まで何が起こるか分からない展開にドキドキでした!

これが本当に手塚治虫作品なの?と思うぐらいに
内容はダークで黒い闇に覆われていました。

人間の心を捨てモンスターとなってしまった結城‥。

でも、彼の心をそんな風に変えてしまったのは
社会であり、国家であり、『ムウ』であった事にやり切れなさを感じました。

いったい彼は何処に向かって行くのでしょう‥。
進む道に未来はないと言うのに。

ラストは、まだ物語は続いていると思わせるような感じでした。

 more...

posted by まみちゃ
[邦画]

thema:映画感想 - genre:映画
お茄子さん
nasu

茄子の豚肉はさみ煮(まみちゃオリジナル)

豚バラ肉と青じそをはさんでみました。

味つけは、甘めの生姜じょうゆ。

焼きではなく煮浸しにしたから

これからの暑い時期には冷たくしても美味しいかも♪

最後にごま油を少々。。これがポイントです(≧ω≦)


posted by まみちゃ
[kantan]
c (2)

  HOME  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。